検索
  • tic-straight

ウェアラブル端末



技術の進歩は凄まじく、

身軽に身に付けられるウェアラブル端末での健康管理も容易になってきた。


このオーラリングでは、

・心拍数、心拍変動

・体温

・加速度センサー

・SpO2


などの測定から、その人の身体的な状態(主に睡眠時)を自己管理するツールとして、

フィンランドの会社が開発したOura ringという指輪型の端末。


主に数値化できるのが、

・睡眠の長さと質

・レディネス(目覚め時の体力)

・活動具合

・女性は生理周期の予測


しかもそれだけでなく、長期間のデータ蓄積によって他人の基準ではなく

その人基準で体調を測れるという、カイロプラクティックに近い考えで作られている。



いずれこういったウェアラブル端末で血圧や血糖値もわかる時代も来るだろう。


個人的にこういった端末は自身の感覚とすり合わせるために使っているが、

いつカイロプラクティックを受けたほうが良いのかの目安として使えるのではないかと考えている。


例えば、上記のセンサーとアルゴリズムで得られるデータから、その人の回復力の傾向を長期で捉え、悪化傾向であれば脊椎サブラクセーション指数が高くなり、オフィスへチェックに行く参考データとして使うなどは、簡単にできるはずだ。


このアイディアをクライアントさんに伝えると、

「週に何回も来させるカイロプラクターの先生たちは嫌がりそうですね(笑)」との声を頂いた。



いつカイロプラクティックに行ったら良いのか、行かなくても良いのか


それはクライアントが決めることではあるが、それが体感的にわからない人には、

こういったウェアラブル端末は有用になるだろう。


Oura ringホームページ↓

https://ouraring.com

最新記事

すべて表示